ニュース バックナンバー

2010年12月27日 月曜日

窓の防犯

前回トピックスでとりあげた侵入盗の実態と対策から

具体的な防犯機器をご紹介しましょう。

今回は侵入か所で1番多かった

~窓編~です。

● まずはガラス自体を強化する方法です。

【防犯ガラス】

特殊樹脂膜をガラスで挟みこんでいて、ガラス破損時でも侵入を防ぎます。

【防犯フィルム】

窓ガラスに特殊樹脂を貼って貫通しにくくします。

上記2つの画像は見てもわかりにくかったので載せない事にしました。

● 窓を開けさせない、開いたら知らせる方法です。

【センサー+サイレン】

窓やドアの開閉を知らせます。

セット、解除はリモコンで。

警備セット状態で感知するとサイレンが大音量で鳴ります。

【補助錠】

閉めた窓を開かないように、レールを取り付け

画像の物で押さえる(?)イメージで、伝わるでしょうか?

外す時はカギで、はめる時はレールの上をスライドさせるだけ。

上下2個使いのお客様もみえます。

【カギ付きクレセント】

クレセントとは・・・これです。↓

 

あぁ、クレセントって言うんだ・・って感じですか。

形からでしょうか三日月って意味です。

カギ付きのもの。

【クレセント補助錠】

これは文字での説明が難しいのですが、

暗証番号式のクレセント補助錠と申しますか・・。

百聞は一見に如かずとはいきませんが、画像で何とか・・。

キーレスの暗証番号式なので、青いボタンで暗証を入力します。

クレセントの上に取付けます。画像はロック状態。

暗証でロック解除しないと、クレセントは開きません。

ロック解除しないで無理に開けようと動かしたら、

内蔵のブザーが鳴ります。

威嚇のランプとソーラーパネル。

音と光で侵入を防ぎます。

一部のものを簡単にですがご紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか、参考にして下さい。

このページのTOPへ